トゥギャッターの使い方・ヘルプヘルプページ

Twitterサークル機能での投稿について

Twitterサークル機能で投稿されたツイートの扱いについて説明します。

Twitterサークル機能とは

「Twitterサークル」はアカウントの公開状態に関わらず、ツイート単位で閲覧できるユーザーを指定できる機能です。

詳細はTwitter公式のヘルプページをご確認ください。


サークルツイートをまとめる

サークルに追加されているアカウントが、Togetter上でサークルツイートを取得してまとめに使用する場合、該当のツイートは自動的に鍵付きツイートの扱いとなり、一時的にまとめ内で非表示となります。よって、勝手にサークルツイートが第三者に漏洩することはありません。

通常の鍵付きツイートと同様の扱いとなりますので、ツイートを投稿したアカウントがTogetter上で個別に公開を許可をすることで、通常のツイートと同じように公開することも可能です。

(2022年9月2日現在)

非公開アカウント(鍵アカウント)のツイートおよびサークルツイートのまとめ上での公開についてはこちらをご確認ください。

サークルツイートをまとめることのできるアカウント

サークル機能で投稿したツイートをまとめられる条件は次のとおりです。

  • サークルツイートを投稿した本人のアカウント
  • サークルに追加されているアカウント

    ※サークルに追加されている場合でも「ツイート主が非公開アカウントでフォローリクエストを許可されていない」などの理由でツイートが閲覧不可の場合はサークルツイートもまとめることはできません。

サークル機能による投稿を取得できるケース

まとめ作成画面では以下の方法でサークルツイートを取得できます。

サークル機能による投稿を取得できないケース

以下の方法ではサークルツイートを取得できません。


よくある質問

サークル機能で投稿したツイートは、誰でもまとめられますか?

自分自身や他のユーザーが作成したサークルのメンバーであれば、まとめることが可能です。他のユーザーがまとめようとした場合は、一時的に鍵付きツイートと同様の扱いとなるため、公開には投稿者の許諾が必要になります。

サークルツイート宛に送られたリプライは、アカウントの公開設定に関わらずサークルツイートと同様の扱いになります。こちらも公開には投稿者の許諾が必要になります。

詳しくは「サークルツイートをまとめることのできるアカウント」「サークル機能による投稿を取得できるケース」をご確認ください。


サークル機能で投稿したツイートを含むまとめは誰でも閲覧できますか?

まとめの公開範囲が「公開する」に設定されていると、誰でも閲覧可能になります。

また限定公開機能を使用している場合は、公開範囲のユーザーが閲覧可能となります。

公開範囲の設定については、ヘルプページをご確認ください。

<参考>

サークル機能で投稿したツイートをまとめられないようにする方法はありますか?

自分以外のサークルのメンバーが、サークルツイートをまとめようとした場合は、自動的にツイートが鍵付きツイートの扱いとなり、投稿者による許諾がない場合は非公開状態となりますので、ご安心ください。

公開 2022/08/31 - 最終更新 2022/08/31